トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




整体・リフレクソロジーナビリフレクソロジーとは > リフレクソロジーの種類

リフレクソロジーの種類

リフレクソロジーの種類の画像

リフレクソロジーの本場はアメリカだといわれています。
このリフレクソロジーを大きく分けると「東洋式」と「西洋式」の2種類になります。

「東洋式」は足裏に強い刺激を与えるやり方が主流で、痛みを我慢したあとのスッキリ感を味わうのが特徴です。
一般的に足つぼと呼ばれています。
台湾や中国などの東洋の国々に普及されています。
日本人の方もどちらかといえば強めを好む傾向があります。

一方、西洋式は痛みを与えるのはストレスになるという考えのもと、刺激よりもリラックスさせることが重視されているようです。
だいたい西洋式をリフレクソロジーと呼んでいることが多いようです。
こちらは、アメリカ、イギリス、フランスなど欧米諸国に広まっています。

反射区とツボ

リフレクソロジーは、足裏や手のひらにカラダ全身の臓器や器官が映し出されている考えがあります。
心臓や腸など、臓器や器官ひとつひとつを示すゾーンを「反射区」と呼んでいます。

多くある質問が反射区とツボは違うのかというものです。
同じ表現として使われていることが多いですが、反射区とツボは別物だと考えてください。
違いの一つは「捉え方」です。
ツボというのは「点」として狭い範囲を捉え、反射区は、「面」として広い範囲を捉えるという感じです。
ツボは「押す」に対して、反射区は「なぞる」感じです。

それとカラダへの対応の仕方も異なります。
ツボは全身に分布しているのに対して、反射区は足裏や手、耳などのカラダの「一部分」に全身が反射投影されていますが、西洋式と東洋式とでは、ちょっとだけ反射区の考え方が違いがあります。
西洋式は右半身は右足へ、左半身は左足へつながると考えるが、東洋式は基本は西洋式と変わりませんが、首から上のみ反射区が逆になると考えています。
右足の目の反射区は左目、左足の耳の反射区は右耳につながっているという風に違います。

このように同じリフレクソロジーでも極端な違いはありませんが若干の違いあることは覚えておいてください。

スポンサードリンク

整体・リフレクソロジーナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 疲れ目のツボ

生活環境を見渡すとテレビ、パソコン、ゲームなど目を酷使しるものが氾濫し、多くの方が視力低下や眼精疲労、ドライアイ等の眼の問題抱えるケースが増えてきています。 眼精疲労は眼病ではありません。 しかし眼を使い続けると疲労状態となり目痛、視力低下、肩こり、頭痛、視力障害、身体各部のだるさ、倦怠感、無力感など目の症状だけでなく、全身症状の要因になります。 更にそのままほっといて慢性化してくると、ストレスとしてカラダに蓄積されていきます。 目の異常で起こるストレスによって高血圧や動脈

整体・リフレクソロジーナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。