トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




整体・リフレクソロジーナビ東京都 > 七門整体

七門整体

七門整体

体の歪みを整えて本来の体、健康な体を取り戻しましょう!

東京都大田区蒲田駅。JR、京急、東急からすぐ近くの整体院です。整体師の院長みずから治療します。膝・関節・肩・背中・首・腰の痛みでお悩みの方、体の歪みを整え、健康な体を取り戻しましょう。
◎電話予約可:予約受付は9時から21時まで

七門整体:DATA
所在地〒144-0052
東京都大田区蒲田5丁目43-7-205
TEL03-3733-5015
FAX
URLhttp://www15.ocn.ne.jp/~seitai/
行っている治療整体、カイロプラクティック、リフレクソロジー
営業時間など
駐車場
近くに有料駐車場あり。
アクセス(最寄駅)
○JR線・蒲田駅・東口出口徒歩3分
○京浜急行線・蒲田駅・西口出口徒歩10分
○東急多摩川・池上線・蒲田駅・JR線東口出口徒歩3分
(その他)
『大田区役所前』交差点の茶色のマンション ロイヤルハイツ蒲田2階。
『蒲田音楽学園』の青い看板が目印。
お役立ち情報☆夜10時まで営業ですので、会社帰りなどもお寄りになれます。
健康な体があってこそ、仕事ができ、幸せな家庭も成り立ちます。
体の不調は一人一人違います。実際にお会いして、最適な治療法を行います。

☆施術はすべて手技のみで行います。電気等の器具治療は一切行いません。
病院に通ってもなかなかよくならない、いろいろ試してみたが治らないという方、あきらめないで!
一緒に健康な体を目指しましょう。

七門整体の地図

東京都大田区蒲田5丁目43-7-205

整体・七門整体の詳しい情報です!

『持病だから良くなるはずがない』
『もう年だから仕方がない』
『疲れやすいのは忙しいから』

 などと思いこみ、つらい症状をあきらめていませんか?
 さあ、体の歪みを整えて本来の体、健康な体を取り戻しましょう。

【施術内容】
 (1)姿整法[座・立・寝・動法]
 (2)経絡法[気圧法]
 (3)反射法[足裏・手掌・同側・反側・対角法]
 (4)田式法[圧痛点他動運動法]
 (5)操体法[逆動作自動運動法]
 (6)リバウンド法[対角線反動療法]
 (7)矯正法
 (8)食養法
 (9)呼吸法

 などの療法を、患者さんの状態や年齢などを考慮した上で使い分けています。
 無理な矯正はやりません。お年寄りや小さな子供でも安心して受けることができます。
 その人にあった整体法を行い、体の歪みを取って全身のバランスをとるように施術します。
 その結果、痛みや違和感が消えたり、例えば腕が上がらないなどの運動の制限が
 解除されたりします。
 身体に本来備わっている治る力が活性化していきます。

【どんな患者さんが来るの?】
当院に来院される方の症状は様々。
腰が痛い、背中が痛い、肩がこる、寝違い、手足が痛い・しびれる、関節が痛い、
疲れる、だるいなどの症状が多いですが、神経症、うつ病、不眠、原因不明の病気などにも
取り組んでいます。
特に目だった症状が出ていなくても健康維持や病気予防、再発防止の為に通う方も
多数いらっしゃいます。
原因不明のめまいが消えた、どうしても治らなかった腹痛が消えた、もう治らないといわれた症状や
生まれつきと諦めていた症状が改善したなどの例がいくつもあります。
病院に通ってもなかなか良くならない、具合が悪いのに検査しても異常なしと言われたなどの場合は、
ぜひおためし下さい。

【上記以外の対象症状】
脚のつけね(そけい部)が痛い・引きつる、脚の痛み、膝痛、膝が曲げられない、
正座できない、手足・足首の痛み、関節痛、難聴、生理痛、生理不順、
むくみ、だるさ、統合失調症、背骨・骨盤のゆがみ、姿勢が悪い、猫背、
ストレートネック、顎関節症、夜尿症、虚弱体質、不妊症、不定愁訴、脊椎湾曲
原因不明の疾患、ストレス解消、その他こころと身体のお悩み

【ご予約】
手技につき、多人数できません。必ずお電話で予約をお願いします。
(予約がないとお断りする場合がございます。)
1週間以上先のご予約に関しては、HPの仮予約フォームをご利用可能です。

上記店舗情報については、データが古くなっている場合があります。治療内容などは念のため直接お店にお尋ねして確認して頂けますようお願い致します。掲載されていても、すでにそのサービスをしていない場合、お店にそのサービスを要求することはしないでください。

スポンサードリンク

整体・リフレクソロジーナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 疲れ目のツボ

生活環境を見渡すとテレビ、パソコン、ゲームなど目を酷使しるものが氾濫し、多くの方が視力低下や眼精疲労、ドライアイ等の眼の問題抱えるケースが増えてきています。 眼精疲労は眼病ではありません。 しかし眼を使い続けると疲労状態となり目痛、視力低下、肩こり、頭痛、視力障害、身体各部のだるさ、倦怠感、無力感など目の症状だけでなく、全身症状の要因になります。 更にそのままほっといて慢性化してくると、ストレスとしてカラダに蓄積されていきます。 目の異常で起こるストレスによって高血圧や動脈

整体・リフレクソロジーナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。